心に響くチャールズ・ダーウィンの名言・格言

この記事は約4分で読めます。

チャールズ・ダーウィンってどんな人?

チャールズ・ロバート・ダーウィンCharles Robert Darwin ([tʃɑrlz ‘dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 – 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者生物学者で、の形成理論を構築。

全ての生物種共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである[1]。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている[2]

進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している[3]

 

引用 「チャールズ・ダーウィン」『ウィキペディア日本語版』,(2018年12月27日取得,)

チャールズ・ダーウィン (詳しくWikipedia)

チャールズ・ダーウィンの心に響く言葉


 

生き残る種とは、

最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく

適応したものである。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

無知というのは、

しばしば知識よりも確信に満ちている。

科学によって

これやあれやの問題を解決することは

絶対にできないと主張するのは

きまって知識がない人である。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

原因を探求し続ける力が、

人を発見者にする。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

ブランデーを飲んで

酔っ払ったことのあるアメリカザルは、

もう二度とそれに手をつけようとはしない。

人間よりはるかに

頭がいいということだ。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

この理論が受け入れられるのには

種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

私は名声を得るために

自分の道から1インチなりとも

はずれたことはなかった。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

一時間の浪費をなんとも思わない人は、

人生の価値をまだ発見してはいない。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

愚者の実験が好きで、

私は常にそれを行っている。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

死ぬことは、

ちっとも怖くない。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

科学者は希望や愛情を捨てて、

石の心を持つべきだ。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

私は、できるだけ一生懸命に、

できるだけよくやったのだ。

誰もこれ以上にはできない。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


 

有利な個々の変異を保存し、

不利な変異を絶滅すること。

– これが自然淘汰である。

<チャールズ・ダーウィンの名言・格言>

 


↓↓↓チャールズ・ダーウィンの関連書籍です。気になったらどうぞ↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

進化論の最前線 [ 池田 清彦 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2019/9/13時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生命の樹 チャールズ・ダーウィンの生涯 [ ピーター・シス ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/9/13時点)

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました