「らしさ」が光ると、作品も輝くのか。

この記事は約2分で読めます。

以前にも、「文章の上手さ」という記事をUPしたけど、この記事を見ても同じ様な事を感じた。

上手く書こうという事も大事だけど、やはり「自分らしさ」も捨ててはダメなんだと感じる。

たぶん、その「らしさ」から”こだわり”が生まれるんだと思う。

「らしさ」という武器

これは書く事だけじゃなくても、接客や何かを作る時でもこの「らしさ」が大切なんだと思う。

企業などのブランディングもやはりこの、「らしさ」がカギになっている。

今は、戦略的には変えているかもしれないけど、日本に上陸当時のスターバックスの戦略でもこの、「スターバックスらしさ」がカギになって成功を果たしている。

スターバックスは、コーヒーとセットのイメージが強いタバコの禁煙化や軽食などを充実させないなどの「やらない」戦略をとっています。

また、フランチャイズではなく、基本直営店という形をとっています。

これも、「スターバックスらしさ」を引き出す為に、必要と感じたからこその戦略だと思います。

3つの輪

「らしさ」が大切というのを書いてきたが、その他にも大切な物があると思う。

・需要

・生産性

・らしさ

この3つの円がちょうど重なる部分に最高の価値を創出できるポイントがあるんだと思う。

やはり、いくらやりたい事をやりたいように出来ても、需要が無ければ廃れていくし、需要と”らしさ”がマッチしても利益が出て無ければ続けれない。

だからこそ、この輪が重なり合う部分で作る事を意識しなければならないと思う。

今日はこのへんで終わりまーす(*´ω`*)

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました