小説 「完璧主義者の初体験」

この記事は約8分で読めます。

完璧主義者の初体験 前編

ランチまで、あと一時間かぁ

 

誰か、一緒にランチ行かないかな~

 

「あっ、美樹ちゃん、今日ランチでもどう?」

 

「ごめんなさい。今日は先約があって。」

 

「いいよ、いいよ、また今度行こう。」

 

美樹ちゃんは、ダメだったか~

 

でも、まだ他にも人は居るしね。

 

そうだ、田中くんはどうだろ。

 

「田中くん、今日ランチでもどう。」

 

「すまん。」

 

「今から出張で、新幹線乗らないといけないんだよ。」

 

「そうなんだ。頑張って!」

 

「お土産よろしく~」

 

「わかった、わかった。」

 

う~ん誰も居ない。

 

あれから色んな人に聞いたけど、誰も行ける人が居ないな。

 

どうしたものか。

 

おひとりさまか。。。

 

悩むところだ。。

 

何を隠そう、俺は仕事は完璧で、毎月営業成績はトップ。

 

女にはモテモテだが。

 

そんな俺でも、

 

ひとつだけ、出来ない事がある。

 

それは、『おひとりさま』

 

昨今、『ひとりのグルメ』や『ソロキャン、食って寝る』

 

みたいなおひとりさまのドラマが流行っているが、

 

俺は、、、

 

だめだ。。。

 

ひとりで、どうしろっていうんだ!!!

 

ひとりでは、動揺してしまうじゃないか!!!

 

いつものランチは、コンビニか誰かを誘って、

 

ひとりをなんとか防いでいるが、

 

それもそろそろ卒業しないと、という気持ちはある。

 

よし!

 

決めた!

 

行ってやる。

 

行ってやるぞ~!!!!!!

 

ひとり飯!!

 

おひとりさまで、大いに結構!!

 

たかが、ひとりで飯を食うだけじゃないか!!!

 

よし、まずはなにから始めるべきか。

 

そうだな、

 

まず、何を食べようか。

 

中華料理はどうだろう。

 

あの、大きな交差点の角にある店はどうだろうか。

 

確かに、ラーメンはいまいちだけど

 

あそこのチャーハンは最高だ!

 

そして、でっかい餃子は、チャーハンとも相性バッチりだしな。

 

ん⁉

 

でも、待てよ

 

あそこは、カウンター席は無かったはず、、、

 

それは、食べにくいじゃねーか。

 

もし誰かに、

 

「なにあの人。ひとりだよ。」

 

「ともだち居ないのかな~」

 

なんて思われたらどうするよ。

 

それは、嫌だ何としても避けなければ!

 

カウンターもあって

 

ひとりで食べても違和感がない店か。。。

 

牛丼はどうだろう。

 

って、おい!

 

そんなありきたりな。

 

確かに、牛丼の店は逆にファミリーであれば目立つから

 

ひとりは普通だ。

 

だけど、そんなハードルを落として良いのか!

 

俺の初体験だぞ!

 

う~ん。。。

 

そうだ、

 

駅の前のカジュアルなレストランはどうだろう。

 

あそこなら窓際にカウンターがあったはず。

 

なにより

 

あそこのハンバーグランチは美味い!

 

よし!

 

決めたぞ~!

 

完璧主義者の初体験 後編

 

よし!

 

行くぞ!

 

カラン コロン

 

扉を開けると、店員さんが

 

「いらっしゃいませ~」と

 

如何にもという声と共に寄ってきた。

 

「何名様ですか?」

 

「ひとりです。」

 

「では、こちらへどうぞ。」とガラス越しのカウンターの前に通された。

 

ガラスの外には、歩道やビルが並んでいる。

 

おぉ、俺できるじゃん!

 

よし!

 

後は、頼んで食べたら、任務終了だ!

 

って、ここやけに見られるな~

 

外からまる見えじゃん。

 

まっいっか。

 

頼もう。

 

「すみません。」

 

「ご注文ですか?」

 

「はい、ハンバーグランチをお願いします。」

 

「すみません。」

 

「現在、ハンバーグランチは無くなって、今は夜の部でのご提供になったんですよ。」

 

「そうなんですか、、、」

 

「今のおすすめは、グラタンなんですがどうですか?」

 

「こんな暑い時にグラタンですか?」

 

「そうなんです!」

 

「この暑い時にこそおすすめなんです。」

 

「じゃ、それお願いします。」

 

「ありがとうございます。」

 

というか、この暑い時にグラタンがおすすめって

 

どんだけ自信あるんだよ。

 

でも、まぁいいか、頼めたし。

 

こんな店にひとりで入ると、なんか大人になったみたいだな。

 

って、こんなおっさんが、ひとりで入れない方が変か。。。

 

「お待たせいたしました。」

 

「グラタンになります。」

 

「ありがとう。」

 

おぉ~美味そうだ。

 

「いただきます。」

 

熱々のグラタンを、ハフハフしながら頬張る。

 

うん。暑いけど美味い。

 

これは、皆に教えてあげよう。

 

夢中で食べ続ける。

 

自然に汗も出てきて

 

気がつけば汗まみれだ。

 

そして外からの視線に気がつき目が合う。

 

愛想笑いしか出来ない。

 

アハハ。。。

 

確かに、この暑い季節におっさんが

 

グラタンにがっついているのは変に見えるか。。

 

でも、案外気にならないもんだな。

 

思ったより余裕じゃん!

 

ひとり飯!

 

おひとりさまなんかドンとこいだ。

 

よし、調子にのってデザートも頼んでやろう。

 

「すみません。」

 

「はい。」

 

「このアイスがのってるパンケーキください。」

 

「あっ、はい。」

 

「ありがとうございます。」

 

「アイスはバニラで宜しいでしょうか?」

 

「はい。」

 

この美味いグラタンで火照った身体をアイスで涼めて帰るってのも良いだろう。

 

なんたって俺は、初体験を終わらせたんだ。

 

これは、祝いだ。

 

アイスとパンケーキのハーモニーを楽しみ。

 

「そろそろ帰るか。」

 

颯爽とレジに向かう。

 

「お願いします。」

 

「ありがとうございました。」

 

「ごちそうさま~」

 

カランコロン

 

途端にスマホが鳴り響く。

 

「はい。」

 

「おい!お前いつまで昼飯食っている。」

 

「えっ!すみません。」

 

「すぐ戻りま~す。」

 

END

ツギクルバナー

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました