優しい会社

この記事は約1分で読めます。

shinです(*’▽’)

この前カンブリア宮殿を見ました。

そこで思ったのですが、社員に優しい会社とはどういった

会社なのかなと考えた所、この社員に優しい会社の定義も

”時代によって変わる。”という結論にたどり着きました。

理由としては、僕らの親世代やもっと前の世代であれば

社員は一つの会社に貢献し会社は貢献分をお給料やボーナスといった形に

変換し還元するといった形が当たり前だったと思いますが、

現代の変化が早い状況では、

会社がいつ無くなるか分からないので、

社員が一つの会社に尽くし切るのは、自殺行為といっても過言でなく、

仮にどこでも使える様な技術の会社であれば、

他の会社にという手も使えますが、その会社しか使えないのであれば、

極めれば極めるほど、会社が無くなった時に自分の武器が無くなるわけで、

そう考えると現代の社員に優しい会社とは、

副業などの仕組みや会社を通して多方面のスキルを学ばしてくれる会社

という事になるのではないでしょうか。(゚Д゚)

少なくとも、僕らは自分の力(時間やお金)を別の方向に持っていく考え方が

必要になっているという事を認識しないといけません(>_<)

今日は、このあたりで終わります(*’▽’)

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました