心に響く志村けんの名言・格言 勇気を貰える言葉たち

この記事は約18分で読めます。

志村けんってどんな人?

 

志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 – 2020年3月29日)は、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者である。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。1972年までの旧芸名および中国語での表記は「志村 健」。本名は志村 康徳(しむら やすのり)

ウィキペディアの執筆者,2020,「志村けん」『ウィキペディア日本語版』,(2020年5月1日取得,).

詳しくはWikipedia

志村けんの心に響く言葉


 

ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。

知らないと損をすることはあっても、

知ってて損することはないから。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

みんなと同じだったら、一番楽だろう。

不安もなくなる。

でも、その代わり個性もないってことになる。

あいつは変わってる、

と言われるのは光栄なことだ。

1回きりしかない人生なんだから、

自分の好きなように、

自分に正直に生きようよ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

お笑いみたいなものでも、

常識を知らないと本当のツボというものがわからない。

常識は基本線で、

お笑いはその常識という基本線をひっくり返すところで、

コントとして成り立っている。

だから、笑えるワケよ。

お笑いに限らず、

常識をバカにする奴に、

常識を超えたことは絶対に出来ない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

ベンチひとつで何ができるか、

といったシンプルな笑いの基本に返るのが大事。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

人を笑わせるのって、結局、間とタイミングだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

テレビの仕事は、

僕たちもスタッフも、

手を抜こうと思えばいくらだって抜ける。

でも1回手を抜いたら、

つまらなくなってしまうのは目に見えている。

だから、やっている間はとことんまでやるしかない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

グループの笑いというのは、

全員の仲がよくないとうまくいかない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

オレは偉大なる

マンネリ=スタンダード・ナンバーだと考える。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

らしく見せるコツは何か。

僕の場合はその人を徹底的に好きになることだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

今の若い芸人の番組なんかだと、

最初のメインがなくて、

遊びの部分ばかり多くてゲームになっている。

本当は何をしたいのかが、

どうもよくわからない。

そもそも芯になる、

やりたいものがないのか、

15分とか20分の長くてしっかりとした

コントをつくるのが大変だから逃げているのか。

そのあたりが、僕には不満なところだ。

でも、そのつらいところをしっかりつくっておくと、

ほかのコーナーが生きてくる。

<志村 けんの名言・格言>

 

 


 

自分が30代、40代につくってきたコント。

いまの自分にとっては宝物ですよ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

オレはいつでも

「個性は変人、常識は凡人」

でいたいと思っている。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

私は、こう見えてもバカですょ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

音楽をプラスすると笑いが強くなる。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

20代のころは「早く歳を取りたいな」という思いはありました。

いい歳した大人がバカをやるからカッコいい、

いい笑いになるんでね。

50歳はまだまだで60歳を過ぎたいま頃からがそろそろかなと。

と言いつつ、実際にそうなると、

実感がわかないんですよ。

酒量もあまり減らないし。

やってることも、

若いころと何一つ変わってないですからね。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

えらい人のせき払いが「だっふんだぁ」って聞こえたのが、

すごく耳に残ってた。

<志村 けんの名言・格言>

 

 


 

そんな根性で入ってないですもん、この道。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

分かる人には、

演者が馬鹿で無い事くらいわかる。

むしろ利口ぶったり、

文化人ぶったりするようになったら、

芸人としておしまい。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

非常識なことをするためには、

まず常識を知らなきゃいけないんだよ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

マンネリで大いに結構。

ほかの人はマンネリまでいかないじゃないですか。

定番があるのは全然恥ずかしいことじゃない。

ドリフも僕のバカ殿も変なおじさんも、

必死でネタ作って、

とことん何年もやり続けてきたわけだから。

みんなマンネリの域まで達してみろって。

<志村 けんの名言・格言>

 


自分の一生なんだから、

自分が好きなことを思い切りやればいいと思う。

売れるか売れないか、

先のことは誰にもわからないけど、

自分が納得いくまでやれば、

それでいいんじゃないか。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

一番嫌いなのはおもしろいコントをダーッと並べられることだ。

お笑いは並べる順番というか計算が大事だから、

そこがわからない人に構成されると、

逆に本当につまらないものになっちゃう。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

ただ脱げばいいというのではない。

それじゃあ単に下品になって、つまらない。

だから、裸にならなきゃいけない理由をはっきりさせるように心がけている。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

「見たいけど、たまにしかやっていない」という、

放送回数を腹八分目ぐらいの満腹感に抑えてきたこと。

それがロングセラーになった要因だ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

何よりお笑いには音楽性がすごく大事。

お笑いは間とタイミングで決まるものなんだけど、

そのセンスはまさに音楽的センスであり、

リズム感なんだよね。コントの会話のリズムも、

それを少し狂わすからおもしろいのに、

もともとのリズムがわかっていないと、

狂わすこともできないわけだから。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

なんでもそうだけど、

ずっと続けているとうまくなる。

うまくなると、

またおもしろくなってきて、

さらに一生懸命やろうという気になってくる。

そうやって、

一人前になっていくんだと思う。

<志村 けんの名言・格言>

 

 


 

客席の千何百人が一斉にドカーンって笑ってるのを舞台の上で見るのって、

とてつもない快感なんです。

パワーをあげてると同時にもらってるというか。

ちょっとした快感じゃなくて、

ものすごい快感。

そのために、

裏で苦労して考えて考えてより面白いことを

追求することができるんだと思います。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

僕は、女の子の出演者に対しては、

早く打ちとけようと思って、

スタジオでもすぐに胸やお尻をさわったりする。

まわりに誰がいようが関係ないから、

「なんだ、あいつは女のケツばっかさわりやがって」と

思われてたかもしれないけど、

現場がいつもワーキャー言ってるような雰囲気じゃないと、

やってる方もなかなかコントを楽しめない。

それと、いきなりケツをさわった時に

どんな反応をするかというリアクションが気になる。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

「だいじょうぶだぁ」では1回の放送分で10くらいのコントをやってたけど、

僕はこの人はこんなタイプ、

この人はこんなタイプと、

きちんとキャラクターの性格を決めていた。

そうじゃないと、みんな一緒に見えてしまう。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

僕は共演者に対しては、

あまり演出とかはしない。本人に任せる。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

古今東西、いつの時代も、

自分が楽しいと思わない仕事からよい結果は生まれない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

半ズボンとかのままでコントをするのは、

金をもらって人前で見せる芸じゃないだろうという気持ちになる。

本人たちは、

流行だからカッコイイと思ってるのかもしれないけど若い奴らにはそう見えても、

大人の目には単にだらしない格好でしかない。

誰が見てもわかるお笑いじゃないと思う。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

番組中で屁をすると、

下品だとか低俗だとかずいぶん非難されたけど、

僕はオナラは万国共通のギャグだと思ってる。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

後ろを振り返る余裕もなく、

時間に追われるまま、

ただただ無我夢中で走っていたという感覚です。

いまそれを「やれ」と言われても、

絶対できないでしょうね。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

最初から全力でいかない奴は、

その時点で先がない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

仕事に限らず何でもそうだけど、

「おれ、頑張りました」ってところが見えてしまうようではまずい。

頑張ったとか、努力したということを、

ことさら強調する奴がいるけど、

それって手品で、すぐさまタネあかしをしてしまうのと同じじゃないのか。

いとも簡単にやっているようで、

実はその裏で血のにじむような努力と完璧な準備があるからこそ、

金を取れるモノになるわけなんだから。

<志村 けんの名言・格言>

 

 


 

とにかく面白いコントを作りたい。

そう思わせた最大の要因は、

やっぱり育ってきた家のなかの暗さにあったんじゃないかな。

親父は小学校の教頭をやっていたんですけど、

ガチガチの堅物でね。

普段はニコッともしない。

しかも講道館柔道の5段なんですよ。

講道館柔道というのは実践的なケンカ柔道で、

実質的には5段以上はいないと言われてて、

ホント、こわくてね。

下手に口答えでもしようものなら、

すぐにバーンと足払いですから。

そんな家に、笑いなんかあるわけないじゃないですか。

そんな雰囲気のなか、

夕飯のとき、お笑い番組をつけていると、

それを見て親父がクスッと笑う。

その瞬間、家のなかがパッと明るくなるのが嬉しくてね。

「ああ、笑いの力ってすごいんだな」って。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

モテる秘訣は、子供の心に大人の財布。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

何もしてない奴が「じゃあ、お前ちょっとやってみな」って

言われることはあり得ない。

ふだんから何かをやり続けているから、

誰かの目にとまって声をかけられるんだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

気取らないこと。とにかく飾らない。

自分を大きく見せようとする段階で人はうそをつくし、

それはすぐに見破られるものですよ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

笑いというのは、切羽詰まった時に生まれるものだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

やっぱり子供たちにバカだと思われているのはいい。

お笑いをやってて、

子供にまで「あれは芝居してるんだよ」なんて言われたら、

みっともない。

バカだと思われてるってことは、

そう「見える」ってことだから、

演じてる者にとっては一番うれしい誉め言葉だ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

たとえば、舞台であるセリフを間違える。

お客さんは自分が観た回だけ間違えたと思う。

でも、実は毎回わざと間違えているわけです。

アドリブっぽく見せるのもひとつの芸なんです。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

夕方近くになっても宙ぶらりんという人は、

能力や才能がないというより、

自分自身を解放できず、

気持ちが萎えてしまって、

うまく出来ないでいることが多いと思うんだ。

これまでつき合ってきた自分じゃうまくいかないなら、

こころの中で「変なおじさん」にヘンシ~ンって掛け声をかけてみたらいい。

臆することなく思いきって、やれる。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

オレなんか変なおじさんしかなくて、

これでずっとやってるよ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

今思うと、あのころの僕はただ無我夢中で、

なんでも一生懸命やろうとして力が入り過ぎていたのだ。

後になってわかったことだけど、

本当はその逆で、

楽しく遊んでるように見せるのがお客さんを笑わせるコツだ。

「こいつら本当に楽しそうにやってるな」って思うから、

お客さんは笑う。

<志村 けんの名言・格言>

 

 


 

いろいんな人たちを遊びの場で見てきた。

思うのは、人生は不公平だってこと。

若いときからずっと恵まれている人もいる。

急上昇して急降下する人もいる。

人生の後半にピークを迎える人もいる。

ずっと恵まれない人もいる。

人生というゲームの勝ち負けに一定の法則がないことは、

これを見てもあきらかだろう。

ただし、ひとつ言えることがある。

ずっと恵まれてみえる人はみな必ず努力していることだ。

例外なくね。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

ゲストがからむコントは、

最初にシチュエーションを考えるのではなく、

まず誰がゲストかを考え、

この人ならこんなキャラクターということで

コントをつくっていった。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

誰もが思いつきそうなことを、

人より鼻の差ぐらい先を見越して、

現実化すればいいんだ。

「鼻の差ぐらい」がポイント。

それ以上先でも、それ以下でもダメ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

なんの仕事にしてもそうだと思うけど、

本当に嫌だったら辞めればいい。

でも、辞めないってことは、

自分が好きで選んだ道だということだし、

やり遂げる責任も負うことになる。

だから、少々嫌なことやつらいことがあっても、

それは自分が我慢すればいいことじゃないかな。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

テレビでも、あまりに普通の人が普通のことをやりすぎている。

そんなのはおもしろくない。

変わった人、珍しい人、平凡な人、

少し狂気のようなものを感じる人。

それを見たいから世間の人はテレビや舞台を見る。

芸人はもともと変わってるんだ。

僕たちはそれでいいんだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

「お金は利を得るために使うもの」という意識をいつも持っている。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

僕は芝居を「演じている」と見られるのが一番嫌いだ。

オーバーな演技やクサい芝居をしていると

「そんな奴はいねえだろ」となってしまう。

「いるいる、こんな奴が」と思ってもらいたい。

「らしく見える」のが一番大事だ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

おいしいところをゲストに。

それは僕のいつもの考えだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

自分自身の絶対条件がクリア出来れば、

その他の項目には目をつぶる。

人間の欲望や要求にはきりがない。

「三割満足で十分」でいけば、

世の中腹の立つことも少なくなるだろうし、

けっこう丸く収まると思う。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

仕事を楽しくするためには、

男にしても女にしても好きな人が近くにいた方がいい。

だから僕は自分が好きな人を、

まずゲストに呼んだり、

レギュラーに加えたりする。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

マネして出来なきゃ、それは才能がない証拠。

<志村 けんの名言・格言>

 

 


 

いちばん頭のオレが当たり前のことをキチンとやることで、

現場にいい意味での緊張感が生まれてくる。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

僕はコントを考える時、

自分が見たり聞いたりしたものから発想する。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

お笑いには「三つオチ」といって、

1、2、3でおとすという定石がある。

コントでもなぜか3人目を笑わせなきゃいけない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

本当に笑いをとるのはリアクションだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

中学生のころからお笑いが好きで、

もう一生の仕事だと思っていました。

途中で辞めようと思ったこと?ないですね

<志村 けんの名言・格言>

 


 

みんなの笑顔が見たいから。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

俺ね、コントをつくっていくのに、

「このへんでいいかな」という妥協ができないんです。

そのかわり私生活はだらしないけど、

こと笑い、番組作りとなると譲れない。

とことん考えに考え抜いて、

実際、胃に穴が空いちゃったこともありますから。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

よくマンネリと言われたけど、

僕は笑いにはマンネリは絶対に必要だと思う。

お客さんにすれば、

「たぶんこうするよ、ほらやった」と自分も一緒になって喜ぶ笑いと、

「意表を突かれた、そう来たか」とびっくりする笑いの2種類あると思う。

全部意表を突かれてしまうと、

お客さんも見ていて疲れてしまうだろう。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

これからお笑いをめざそうとするのなら、

なんでもそうだと思うけど、

自分が好きでこの道だと決めた以上、

あとはどん欲にやるしかない。

この世界は、待ってても誰も来ないから。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

「飽きられず、忘れられず」、

これがキャラクター・ブランドを長期にわたって維持していくための戦略。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

多少辛いとか何とかあってもね、舞台でウケちゃったときの気持ちよさ、あの感覚はやめられないね。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

テレビの世界はとにかく数をたくさんつくれないと役に立たない。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

人になにかを伝えたいならウソをついちゃいけない

<志村 けんの名言・格言>

 


 

一番気合いが入っていたのは、

「全員集合」が終わって、

加藤茶さんと2人の「ごきげんテレビ」がはじまったころですかね。

メンバーが2人になって、

「やっぱり5人のときのほうが面白いや」って

言われるわけにはいかなかったですから、とにかく力が入りました。

寝ても覚めても「何かないか、何かないか」と

コントのネタばっかり考えていました。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

コントは、1人きりでやる落語とはちょっと違う。

ドリフみたいにグループでいつも一緒にいる関係ならいいけど、

僕と田代と桑野なんかの場合、

毎日一緒にいるわけじゃない。

せいぜい週に2日。

それで当時は一緒にコントをやり始めたばかりだとなると、

やっぱり一緒に飲みに行ったりしてワーワーやって

、あうんの呼吸でコントをできるようにならないとダメだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


 

全員集合」のころから、

僕はゲストの歌手とコントでからむことが多かった。

ゲストでコントが好きな人を選ぶ方法のひとつは、

新人のアイドルが出演すると、

その子の前でまず屁をしてみる。

それで腹を抱えて笑うような子はだいたいオッケー。

「えーっ」て嫌な顔する子はダメ。

よく笑うってことは、

お笑いが大好きだってことのあかしだ。

<志村 けんの名言・格言>

 


終わりです。良かったら他の偉人もご覧ください。

↓↓↓の関連書籍です。気になったらどうぞ↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

志村流 遊び術 [ 志村 けん ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/5/2時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

志村流 (王様文庫) [ 志村けん ]
価格:680円(税込、送料無料) (2020/5/2時点)

 

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました