心に響くラ・フォンテーヌ名言・格言

ラ・フォンテーヌってどんな人?

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ(Jean de la Fontaine, 1621年7月8日 – 1695年4月13日)は、17世紀フランスの詩人。

イソップ寓話を基にした寓話詩(Fables、1668年)で知られる。(北風と太陽、金のタマゴを産むめんどりなど)

有名な格言に「すべての道はローマへ通ず」や、ことわざ「火中の栗を拾う」を残した。

ウィキペディアの執筆者,2019,「ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ」『ウィキペディア日本語版』,(2019年3月8日取得,).

詳しくはWikipedia

ラ・フォンテーヌ心に響く言葉


 

運命のせいにして
責任を免れるというのは
運命の女神を敵に回すということだ。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

私たち全員が
習慣の奴隷です。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

賢明な人は自身の死に
驚きを覚えません。
いつでもその準備が
出来ているからです。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

友情とは夕方の影である。
人生の夕陽に照らされて大きくなる。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

誰もが恐れていることと
願っていることなら
簡単に信じてしまう。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

遠くにあると恐怖を感じるが
近づいてしまえば
それほどでもない。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

忍耐と長時間は
往々にして力や怒りよりも効果がある。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

しゃべるものもいいけれども
黙っているのが一番いい。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

努力は
全ての扉を開く。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 

 


 

最高の勝利とは
自分自身に勝利することです。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

急いでも無駄だ。
大切なのは
間に合うように始めることだ。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

無知な友を持つほど
危険なものはない。
それよりも
賢明な敵を持つ方がよい。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

人は運命を避けようとして
とった道で
しばしば運命に出会う。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

今日の半日は
明日一日よりも価値がある。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

自分の力で
やり遂げようとする者に
天は手を差し伸べる。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

どんなことであれ
その結末を考えておくことである。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

未来に2つ持っているよりも
現在に1つ持っているほうが
値打ちがある。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

暴力よりも
優しさの方が
力を持っています。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


 

すべての道は
ローマに通ず。

<ラ・フォンテーヌの名言・格言>

 


終わりです。良かったら他の偉人もご覧ください。

↓↓↓の関連書籍です。気になったらどうぞ↓↓↓

 

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました