咀嚼しよう

この記事は約2分で読めます。

shinです(‘Д’)

テレビでやっている県民ショーで知ったけど、京都の人は帰って欲しい時に「もう一杯お茶はいかがですか?」って聞くらしい、その時の本音は「もうそろそろ帰って」らしい…(; ・`д・´)

ここまでくるとちょっと怖いよ…(/ω\)

なぜ、この話をしたかというと、生活していると明らかに文面通りの意味にしかとってないよねって思う時ありませんか?

さすがに上の様な隠語的な物は分からない人は多いと思うが、単純に「例えば、○○」っていう、例え話をそのまま受け取って「そんな奴おらんやろ~」っていうレベルの時がたまにあるんですよ~。「どんだけピュアなんや」って思えば、イライラ少なくなるけど、ここまでくるとちょっと危ないんじゃないかと思うわけで。僕自身の説明の仕方が悪いという事もあると思いますが…

フィルター

生活していると結構いろんな所に発見や気づき、学びなどが転がっているけど、それをどれだけ取り込めるかっていうのは、フィルターの感度が重要です。

基本、人は色んな情報を受け流す仕組みに脳はなっていて、関心がある事が視界に入ると、ピッカーンって反応するのです。

だから、逆に言えば他人事で生きていると感度は低く、自分事で生きていると感度は高くなるって事になります。

また、「テレビをよく見る人」と「本をよく読む人」では物事から感じたりするフィルターが「本を読む人」の方が感度が高いらしいのですが、それは情報を頭に流し込むか、情報を頭で咀嚼しているかの差ではないかと思います。

今日は、若干愚痴っぽくなりましたが(;^_^A

この辺で終わります(*´▽`*)

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました