心に響く マルセル・パニョル の名言集・格言集

この記事は約2分で読めます。

マルセル・パニョルってどんな人?

マルセル・パニョル(Marcel Pagnol, 1895年2月28日 オーバーニュ – 1974年4月18日 パリ)は、フランスの小説家、劇作家、映画作家である。

引用 ウィキペディアの執筆者,2020,「マルセル・パニョル」『ウィキペディア日本語版』,(2020年10月15日取得,)

詳しくはWikipedia

マルセル・パニョルの心に響く言葉


 

何を笑うかによって、
その人の人柄がわかる。

< マルセル・パニョルの名言・格言>

 


 

人が幸福になることを
難しく感じるのは、
過去を美化する一方で、
現在を実際よりも悪くとらえ、
未来を非常に不安定なものとして
とらえているからに過ぎない。

< マルセル・パニョルの名言・格言>

 


 

死ぬなんてことは何でもないが、
この世と別れるのが、僕には辛い。

< マルセル・パニョルの名言・格言>

 


 

友人とは、私を指して
笑うことのできる人間である。
ただし、私を怒らせることなく。

< マルセル・パニョルの名言・格言>


下記、関連書籍です。良かったらどうぞ(^^)/↓↓↓

 

マルセル・パニョル/マルセイユ三部作

価格:10,199円
(2020/10/16 05:28時点)
感想(0件)

 

母のお屋敷(シャトウ) 少年時代2 (評論社文庫) [ マルセル・パニョル ]

価格:1,100円
(2020/10/16 05:29時点)
感想(0件)

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました