人は回るに魅せられる。回るお菓子と回転寿司

この記事は約2分で読めます。

shinです(*’▽’)

みなさんは「回るお菓子」って聞いた事や見た事ありますか?

調べると、地域によってはラウンドお菓子などと呼ばれている見たいですが、下記の様な感じのお菓子売り場で中華料理のテーブルの様にくるくる回っているので、その場に居ながらすべての場所のお菓子が手に取れるっていう優れものです(*´▽`*)

画像1

出典 www2.nbc-nagasaki.co.jp

子どもから見れば、日常の遊園地見たいなものですね(*’▽’)

ちなみに今は、酒屋が僕のテーマパークです(*´ω`*)

そんな事はさておき(;^_^A

子どもの頃、祖母が大阪に居ましたので、祖母の所に行く度に回転寿司と回るお菓子に寄って行くのが定番でした。元々実家は田舎の方なので大阪の半端ない都会感にワクワクしたものです。

向かう前の日は、子どもながらソワソワして夜寝つきが悪くなっていました。まるで、修学旅行の前の日みたいな感じで(^^)

当時、回るお菓子もそうですが、回転寿司も出始めで、寿司が回っているのをキラキラした目で見てました。今となっては、寿司が一皿100円は当たり前みたいになっていますが、当時は、まさに志村けんさんがやっていたような大将が「何にしましょ!」みたいな時代で、子どもが寿司を食べるのは何かのお祝いか、スーパーのお寿司ぐらいで、握りたてを食べれる幸せとワクワク感は今でも覚えています(^^)

今日は、この辺りで終わりたいと思います(*’▽’)

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました