心に響くソフォクレスの名言・格言 気づきを与えてくれる言葉たち

この記事は約13分で読めます。

ソポクレスってどんな人?

ソポクレース(ギリシャ語: Σοφοκλῆς, Sophoklēs, ギリシア語発音: [so.pʰo.klɛ̂ːs]; 紀元前497/6年ごろ – 406/5年ごろの冬)は、現代まで作品が伝わる古代ギリシアの三大悲劇詩人の一人。ソポクレースは生涯で120編の戯曲を制作したが、そのうち完全な形で残っているものは7作品にすぎない。

また、ソポクレースは、脇役を加えることにより、プロットを説明するにあたってコロスが担っていた重要性を低下させたという点で、作劇法の発展に影響を与えた。また、アイスキュロスなどの先行する詩人たちから、登場人物を大きく発展させた。

引用 ウィキペディアの執筆者,2020,「ソポクレス」『ウィキペディア日本語版』,(2020年3月17日取得,).

詳しくはWikipedia

ソポクレスの心に響く言葉


 

怒りの静まるとき

後悔がやってくる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

気立ての良い人間に突き刺さる言葉はない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

不正な利益を手に入れるより、むしろ損害を被る方がましだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

元気を出しなさい。真実を語っていればあなたは決してつまずくことはないでしょう。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

大義名分のもとで、弱者が強者を打ち負かすであろう。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

女よ。女はものをいわぬが花よ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

賢さがなければ、それだけいよいよ幸いとなる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

張り詰めた沈黙は辺り構わず大声で歎(なげ)き悲しむのと同じこと。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

生まれの尊い親の子供が優れているとは限らず、又無能な親の子供が卑しいとも限らぬ。人間について何一つ確かなことはないのだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

悪が亡びた例(ためし)は一つとしてない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

努力を放棄する者の前には、チャンスは訪れない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

世間で通用することが本当のことよりも力があるのです。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 

 


 

不幸のうちにあっては、心は、平静になって初めて多くのことを見るものだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

短い言葉に多くの知恵を蔵(ぞう)す。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

不幸な人々にとって、目前の禍を忘れることは、たとえ束の間にせよ何と快いものか。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

まことの友を捨てるのは一番大切な自分の命を捨てるのと代わらない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

神の一撃を死すべき人間はかわせない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

時は全てのものの覆いを取り除いていつかそれを明るみに出す。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

決して羽振りの良い男の運命を、幸せと考えてはならない。その一生がつつがなく過ぎて、その道程を終えるまでは。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

数ある不幸の中でも、自ら招いた不幸ほど、心を痛めるものはない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

苦労の種のない人は誰もいない。苦労の一番少ない人が最も幸せである。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

どんな仕事もそれに適った始め方をすれば、仕上がり具合もそれに見合ったものになるのだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 

 


 

苦労は過ぎ去ってしまえば、甘美なものとなる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

苦労もなく高みを究めることは、決してできない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

怒りの鎮まるとき、後悔がやってくる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

人は健康なのが一番とおっしゃる方もございますが、私に言わせれば、貧乏で健康な者など一人もなく、いつも病んでいるのです。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

人間は息と影に過ぎない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

己の家族を立派に治める者は、国家の出来事についても価値ある人物にならん。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

おお、人が一度死んでしまうと、亡き人への感謝の思いは何とすみやかに人の心から流れ去り、故人を裏切ることであろう。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

一つの言葉が、我々を心の重荷や苦痛から解放してくれる。その言葉とは、愛である。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

思慮ある者は過去の出来事によりて現在を判断す。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

運命は臆病者の味方をしない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 

 


 

老人ほど人生を愛するものはなし。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

事は他人を援助することによりて己自身を益(えき)す。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

悪い知らせを持ってくる人を好む者はいない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

自分の家族を立派に治めることが出来る者。このような人物こそが、国にとっても重要な人物となる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

多数の愚者がいるところでは、一人の賢者は破滅へ追いやられる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

良からぬ行いからは、良い言葉は生じ得ない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

人はたとえ富を持たずとも、栄誉を受けることがあろう。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

あらゆる場合に勝るのは言葉であって、行いではないのが人の世なのだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

あなたは、何故そのようにまだあれこれ言うことがあるのか? 余計な言葉はどこへ行っても耳障りだというのに。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

何事をも隠すな。時は全てを見、全てを聞き、全てを明らかにする。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 

 


 

実際、理に適った言葉というものは大きな力を持つものだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

過ぎ去った苦労など大したことではない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

思慮の徳こそ、幸福のためには何もまして備えるべきものなり。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

大方の人間をよくよく見ると、恥ずかしいことが見つかるでしょう。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

強情が失策を生む。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

不思議なものは多い。しかし人間ほど不思議なものはない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

神を敬う心は、人間の死とともに滅びず。人間の生死に関りなく、それは不滅なり。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

絶えず明日の日は、目にも止まらずに忍び寄る。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

欺瞞し、裏切る、これ人間生来の心根なり。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

老人は再びの子どもである。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

好機は人間にとりて、万事を司る最高の長。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

知恵は富に勝る。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

愚者は自分の手の中に持っているものを手放したときに初めて、その素晴らしさに気がつく。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

悩みは病をすら生むものだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

老年と、時の経過は、全てを教える。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

私は女の誓いを水に書く。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

仁を施こさば仁慈それより生ずる。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

徳が獲得したもののみが不動なり。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

内に人なく、共に住む同胞のなくして、城の櫓(やぐら)も軍船も、いったい何になりましょうぞ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

言葉に真実があれば、常に最大の力を持つものだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

人間は神々によって与えられたる運命を忍ばねばならず。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 

 


 

自らを助けない者にはチャンスは巡ってこない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

我らの生は所詮は夢幻(ゆめまぼろし)、空しい影に過ぎないのだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

理性──それは神から賦与された選良のものなり。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

如何なる嘘も老年まで続くことはない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

世界の不思議は無数にある。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

ごまかしで成功するよりも、堂々と失敗する方がよい。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

人は心ならずも過ちを犯すが、誰しも悪人というわけではない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

自分で招いた苦しみが最もつらい。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

正義に適った人々を相手に自分の立場を守ることは容易でない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 

 


 

ごまかして成功するよりも堂々と失敗をするほうがよい。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

無知とは何と抗(あらが)い難い禍(わざわい)であることか。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

誠実な挫折のほうが、邪悪な勝利よりも気高い。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

機会はあらゆる努力の最上の船長なり。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

敵もいつかは友となりうると思いながら敵を憎み、友も敵になるかもしれぬと思いながら友を愛すべきである。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

時は全てを闇に覆い尽くし、忘却へと導く。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

不幸せな者には一夜と言えども万夜の長さだが、恵まれた者には朝は余りに早く来る。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

身に降りかかった災難の話を大勢の者に撒き散らすのは止(や)めるが良い。それは黙って嘆くのがふさわしいからだ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

人間の病気のうちで、必要ほど辛いものはない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

喜びも、悲しみも、それが生じるのは人の心の中の同じ場所です。それでどちらに出会っても、涙が溢れてくるのです。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

真実の友を捨て去るのは、ひとが最もいつくしむ、われとわが命を投げすてるにも等しきわざと、申さねばならぬ。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


 

私は、愛が言葉である友を愛することができない。

<ソフォクレス(ソポクレス)の名言・格言>

 


終わりです。良かったら他の偉人もご覧ください。

↓↓↓の関連書籍です。気になったらどうぞ↓↓↓

 

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました