心に響くスティーブ・ジョブズの名言集・格言集

この記事は約8分で読めます。

スティーブ・ジョブズとはどんな人なのだろうか?

1976年、スティーブ・ウォズニアックと共に初期のホームコンピュータ「Apple I」、その後「Apple II」を開発した。Apple IIは大成功を収め、自宅からスタートしたアップル社は、シリコンバレーを代表する企業としてサクセスストーリーを築いた。1980年の株式公開時に2億ドルもの巨額を手中にし、25歳でフォーブスの長者番付、27歳でタイムの表紙を飾った。

1984年に発売した「Macintosh」が搭載したグラフィカルユーザインターフェースは当時のあらゆるパソコンを凌駕する洗練されたもので、新たなコンピュータ像を創造した。しかし、本人の立ち居振舞いが社内を混乱させたとして役職を解任され閑職へ追いやられた為、1985年にアップルを辞めた[5]

アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。また、自ら創立したNeXT Computerで、NeXTワークステーション (NeXTcubeNeXTstation) とオペレーティングシステム (OS) NEXTSTEPを開発した。

1996年、業績不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却すると同時に復帰、1997年には、iCEO(暫定CEO、Interim CEOの略)となる。同年には、不倶戴天のライバルとさえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功し、また社内ではリストラを進めてアップル社の業績を向上させた。

2000年に正式にCEOに就任。

CEOに就任して以来、基本給与として、年1米ドルしか受け取っていなかったことで有名であり[6](実質的には無給与であるが、この1ドルという額は、居住地のカルフォルニア州法により、社会保障番号を受けるために給与証明が必要なことによる)、このため「世界で最も給与の安い最高経営責任者」と呼ばれた。しかし、無報酬ではなくアップルから莫大なストックオプションやビジネスジェット機などを得ている[7]。2006年に、ピクサーディズニーが買収したことにより、ディズニーの個人筆頭株主となり、同社の役員に就任したが、ディズニーからの役員報酬は辞退していた。

引用「スティーブ・ジョブズ」『ウィキペディア日本語版』,(2019年1月7日取得)

スティーブ・ジョブズ 詳しく(Wikipedia)

スティーブ・ジョブズの心に響く言葉


 

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

海軍に入るくらいなら、海賊になったほうがいい。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

ハングリーであれ。愚か者であれ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

誰も死ぬことなんて望まない。天国に行きたいと願う人でも、そのために死にたくはないのです。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

革新的なことをしていると、たまに過ちを犯す。一番良いのは、すぐその過ちを認めて、次の革新を急ぐことだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

フォーカスグループによって製品をデザインするのはとても難しい。多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えるだけではいけない。完成するころには、彼らは新しいものを欲しがるだろう。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

1年で2億5000万ドルも失ったのは、知っている限りでは私だけだ。人格形成に大きな影響を与える出来事だった。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

毎日を人生最後の日だと思って生きれば、いつか必ずその日は来るだろう。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

重要なことに集中する唯一の方法は「ノー」と言うことだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

結果の平等はともかく、機会というものは誰にでも平等であると固く信じている。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

量より質が重要だ。2本の二塁打より、1本のホームランのほうがずっといい。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

当時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。何事につけても不確かさは増したが、私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

顧客はより幸せでよりよい人生を夢見ている。製品を売ろうとするのではなく、彼らの人生を豊かにするのだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

アップル社再建の妙薬は、費用を削減することではない。現在の苦境から抜け出す斬新な方法を編み出すことだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしいときがある。物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

イノベーションは、誰がリーダーで誰がフォロワーかをはっきりさせる。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

我々がすることと同じくらい、我々がしないことを私は誇りに思う。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

デザインとは、単なる視覚や感覚のことではない。デザインとは、どうやって動くかだ。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

自身がクオリティの判断基準となれ。中には高い質を求められる環境に慣れていないものもいる。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

私は、本当に好きな物事しか続けられないと確信している。何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

自分もいつかは死ぬ。それを思い出すことは、失うものなど何もないということを気づかせてくれる最善の方法です。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


 

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。

<スティーブ・ジョブズの名言・格言>

 


↓↓↓スティーブ・ジョブズの関連書籍です。気になったらどうぞ↓↓↓

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました