違い

この記事は約2分で読めます。

shinです(^^)

以前テレビを見ていると、「林先生と橋下さんがニートに教える」というテーマの番組がありました。

印象に残ったのは、橋下さんの「君らが持っている若さ(時間)は、僕は全財産を出してでも欲しい。だからこそ、何でもいいからやりぬいて欲しい。」という言葉をニートの人にかけていました。(多少、文面は違うかもしれません)

林先生は、僕はやりたい事より出来る事(求められる事)をやったらいいと話していた。これに関しては、わかる様な分からないような感じで、何をモチベーションにすれば良いのか?という問題が出てきそうだが、林先生の場合は、出版の依頼がフリーの編集者さんから舞い込んできて、その本が売れてその編集者さんが大企業に引き抜かれた時にその人の母親から感謝を伝えれれた時に、「やって良かった」と思ったらしい。

また、林先生は元々本を出したかったらしいが、念願の本を出版したら全く売れなかったらしい。だからこそ「出来る事に特化した方が良い」との考え方にたどり着いたらしい。

僕的には、橋下さんの方が好きだなと思った。というか究極の話し「出来る事で金持ち」か「やりたい事で貧乏」かとなれば正直、出来る事で金持ちになるが、理想的には半々位が丁度いいのかもしれない。

ちなみに林先生の全く売れなかった本は、どんな内容かは分からないがタイトルが悪いと思うのは僕だけだろうか…(-_-;)

ちなみにタイトルは「すし、うなぎ、てんぷら」だそうです。

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました