命というモノを考え、噛みしめる。

この記事は約1分で読めます。

僕は、爬虫類があまり好きではないんです。

あの無血な感じとニョロっとした所が苦手なんだ。

触るなんてもってのほか。。。

といっても、

触るという行為に範囲を広げれば、

爬虫類よりさらに広がる。

唯一触れるのは哺乳類の犬や猫などに限られてしまう。

魚ですらNGになってしまった。

「なってしまった。」というのは、

学生の頃は、普通に釣りをしていたからだ。

その時は、当たり前の様に触わる事はできた。

なぜ、触る事が出来ない様になったか

はっきりは分からないけど、

たぶん、

命という物を感じる様になったからだと思う。

以前、エビの踊り食いが出てきた時でも

僕は、食べれなかった。

通の人に言わせれば、

あのビクビク動くのが良いらしいが、

僕は、食べれなかった。

僕の都合なのかもしれないが、

肉になっていれば、食べれるが、

生き物から肉になる経緯を見てしまうと

ダメだった。

それだけ、命の重みがあるということだと思うし、

私たちも、

もう少し「命」という物を考えた方が良いのかもしれない。

今日はこのへんで終わりまーす(*´ω`*)

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました