心に響くウィリアム・ヘイズリット(ハズリット)の名言・格言

この記事は約8分で読めます。

ウィリアム・ヘイズリットってどんな人?

ウィリアム・ヘイズリット(William Hazlitt、1778年4月10日 – 1830年9月18日)は、イギリスの著作家、批評家、随想作家。

ウィキペディアの執筆者,2020,「ウィリアム・ヘイズリット」『ウィキペディア日本語版』,(2020年7月26日取得,).

詳しくはWikipedia

ウィリアム・ヘイズリット心に響く言葉


 

何百万という人類の滅亡よりも、

自分の小指のけちな痛みのほうが心配なものだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

われわれのすべては、

多かれ少なかれ意見の奴隷である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

勝てると思えば勝てるのだ。

自信こそ勝利の条件である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

人生は情熱によらなければ勝負できない事ばかりだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

実践にまで濃縮された偉大な考えは、

偉業となる。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

働けば働くほど働ける。

忙しければ忙しいほど暇が出来る。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

浅い喜びを味わうよりも、

深い悲嘆を飲み込んだ方が良い。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

自由を愛することは他人を愛することだ。

力を愛することは自分を愛することだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

私達は年齢を重ねるにつれて、

時間の価値をいっそう鋭く感じるようになる。

実際、時間以外のものはまるで

大したものではないように映じてくる。

そしてこの点で、

私達はいよいよ悲惨な人間になってくる。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

重い役職に就くと、

人はそれにふさわしい能力を身に付けることは

目を見張るばかりである。

高位に付けば、それだけ人の評価も高まるし、

自信がつければ力も強くなるのと同じだ。

人は置かれた境遇に同化するものだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 

 


 

偏見は無知の子供である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

沈黙は会話のなかの一つの偉大な技術である。

自分の口を閉じるときを知る者は馬鹿ではない。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

前の時代を軽んじることは、

後の時代に我々自身のことを

軽んじるように教えているようなものだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

富は心を豊かにする。

貧苦は心を鍛える。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

自己に従って生きると私が言っている意味は、

社会の一部として生きるのではなくて、

社会の中で生きるということである。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

雄弁に欠かせないものは誠実さである。

自分に対して誠実な人間になれば、

人を説得することができる。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

本当に偉い人物になると、

偉そうな様子は全然見せないのである、

つまらぬ人間に限って人を見下すものである。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

どんな目的であれ、

達成の鍵は情熱の強さだ。

目的達成への強い気持ちが手段を

明らかにしてくれるだろうから。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

女性の手紙はたいてい、

「追伸」の中にいちばん肝心の用件が書いてある。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 

 


 

人間の愚かさを見て、

われわれが学ぶことのできる最善の教訓は、

それを見て立腹しないことだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

金儲け以外のことを考えられば

金は儲けられる。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

一般に冗談を言うと、

誰か必ず被害をこうむる人がいる。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

改革が勝利を得るために肝要なことは、

それがけっして成功を収めてはならないということだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

なんの取柄もない人々の存在は、

実は世の中になくてはならない救いのひとつである。

己の分をきちんとわきまえている限りは、

その人はけっこう面白いし、

愛嬌さえある。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

女は理詰めで考えない。

だから滅多に間違わない。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

約束を破る愉しみのために

約束する人間がいる。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

幸運は偉大な教師であるが、

不運はそれ以上に偉大な教師である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

才能は勤勉努力に依存することをなす能力であり、

自発的な力であるのに反し、

天才は不随意の力である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

洒落は会話の調味料であり食物ではない。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 

 


 

書物のこと以外に何も知らないような学者は、

書物についても無知であるに違いない。

書物は書物の使い方を教えない。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

人間は笑い、

かつ泣く唯一の動物である。

なぜなら人間は、

あるがままの事実と、

あるべきはずの事実との

相違に心を打たれる唯一の動物であるからだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

人は、

自分が正しいだけでは満足できない。

他人がまったく間違っていることを示すまでは。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

他人と戦争をしているものは、

自分自身との平和を築いていない。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

己自身を低く評価するものは、

他人からも低く評価される。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

無邪気な性格は、

深遠な思索の自然発生的な結果である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

皮肉屋は愛を通じてではなく、

怖れを通じて他人の称賛を得る。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

女性の優雅は容貌の美よりさらに有力である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

怠惰は、楽しいながら痛ましい状態である。

幸福になるには、

何かをしなければいけないからである。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

人間はおべっかを使う動物である。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 

 


 

自賛してみるがいい。

自分を称讃する愚者どもを間違いなく見つけるだろう。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

人が話す中身のほとんどは自分のことばかりだ。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


 

さらにやれば、

さらに出来る。

<ウィリアム・ヘイズリットの名言・格言>

 


終わりです。良かったら他の偉人もご覧ください。

↓↓↓の関連書籍です。気になったらどうぞ↓↓↓

 

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました