上手く書かなくても良い。自分を出せばいいんだ。

この記事は約2分で読めます。

shinです(*’▽’)

今日は、少し前ですが、寝る前にこのシシノケを聞いてて思った事を書こうかなって思います。

寝る前によくYouTubeを聞いていたりするのですが、このシシノケを聞いたときは寝れませんでした(;^_^A

怖いという訳ではなく、入り込んでしまって夢中で聞き入ってしまいました( ゚Д゚)

ちなみにシシノケというのは、金沢では妖怪やら神様やら言われているみたいで有名らしいです。

このほがら朗読堂さんの動画もたぶん、ネットに上がっている記事(たぶん2chだと思います。)を読んでいるだけだと思うんですが、プロが書いたのか!って位上手くかみ合ていて驚きました(; ・`д・´)

出始めが、「文章書くの下手だから」から始まったので余計に良く聞こえたのかもしれませんが、内容が流れる様に入ってきました。

これで気がついたんですけど、小説や何かのビジネス本みたいに奇麗に上手く書くというのを気にしなくても、上手いって感じれるんだなって思いました。

以前、メンタリストDaigoさんの本をレビューした時もそう書いてあったんですけど、実際に感じたのはこのシシノケが初めてでした(*’▽’)

ちなみにメンタリストDaigoのレビューした時の記事を貼っときます(‘ω’)

人を操る禁断の文章術 レビュー
人を操る禁断の文章術 感想 今回は、メンタリストDaigoさんの本で 『人を操る禁断の文章術』という本になります。 内容的には、どう書けば良い文章(人を動かす)が書けるかという事をテーマに、大きく4章に分かれ説明さ...

今日はこの辺で終わります(^^)/

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました