分かり易い 禅語 受身捨身 (じゅしんしゃしん)

禅語 受身捨身 (じゅしんしゃしん)

命を頂いたその身を捨ててでも「誰かの為」にと思う心が悟りに近づいていける。といった意味の言葉です。

共に

全てのものを良い方に導く事は仏教では、菩薩行と呼ばれているそうです。

それは、身近な事でも感じれるのではないでしょうか?

例えば、街中をゴミ拾いして回る青年が居たとしたらその姿を見た人は悪く思うでしょうか?

清々しく思えませんか?

もう、この時点でその青年の行動は周りを良い方向に導いてますよね。

自分だけと考えるのではなく、誰かの為にという考えが結果自分を良い方向に導く事になる。

これが、受身捨身の意味になります。

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました