座右の銘とは ? 一生使える座右の銘の作り方

この記事は約3分で読めます。

座右の銘とは?

 

座右の銘と言っても、難しく考える必要は無いです。

簡単に言えば、『常に心にある言葉』で

困難に立ち向かう時や、日々生活する上での行動指針になる言葉です。

その言葉は、オシャレな座右の銘でも、アニメのキャラクター の言葉でも、孔子などの様な過去の偉人の言葉でも、四字熟語でも、なんでも良いです。

ちなみに、Wikipediaでは下記のように書かれています。

座右の銘[編集]

座右の銘(ざゆうのめい)とは、集団ではなく、個人が自らの行動の戒めとするために日常的に心に留めておくための言葉。『文選』に収められた後漢の崔瑗(崔子玉)による文章「座右銘」に由来する[2]

引用 「標語」『ウィキペディア日本語版』,(2019年9月20日取得)

詳しくはWikipedia


座右の銘があるメリットとは?

  • 自身の行動指針ができる。
  • 色んな事に対して、判断基準ができる。
  • 言葉に励ましてもらえる。

自身の行動指針ができる。

座右の銘を作る際に、自分とは何か?という所をとことん突き詰めます。だからこそ、隠れていた自身の考え方が見えてきます。

色んな事に対して、判断基準が出来る。

上記にもありますが、自身の考えが見えてくるので、物事に対しての考え方も自分の中にあるので決めやすくなります。

言葉に励ましてもらえる

人生の中で必ず何度かは壁にぶち当たると思います。

その壁を乗り越える時に、自身で決めた言葉に励まされ乗り越えていけると思います。

座右の銘の作り方は?

座右の銘を作る工程がとても大事です。

作る工程で、自分自身を見つめ直すことが出来、自分の人生を、今後どうしたいのか?自分とは何か?何が好きか?何が嫌いか?など様々な事を考えて作ります。

どんな言葉が良いのか?決まりは?

結論から言うと、『どんな言葉でもOKです。

偉人たちの名言でも、ことわざ、四文字熟語等でもOKです。

なんなら、自分で作ってもOKです。

座右の銘を決める時のルール

1つだけ、必ず守って欲しいルールがあります。

それは、『心の底にある言葉』でなければ

作っても、飾りになるだけで終わってしまいます。

例えば、

良く座右の銘で使われる言葉で、『 笑う門には福来る 』という言葉がありますが、額面通りに受けとって、ただ笑っていれば良いという訳ではありません。

その言葉の裏には、どんなに辛い時も自分の笑顔をふりまいて、周りの人が笑顔でいられる様に気を配ったり、優しくしたり、時には相手の事を思ってきつい言葉をかけないといけない時もあるでしょう。

そんな事を日頃からしているからこそ、回りまわって自分の所に福が来る。そんな意味が隠れています。

 

だからこそ、自らに問いかける段階で自分の事をよく思案してください。

すぐに結果を出さなくてもOKです。と言うかむしろ

長く時間をかけた方が、熟成され心から大切にできる言葉になると思います。


下記リンクは、過去の偉人の名言禅の言葉などを集めています。

あなたにぴったりの言葉が見つかるかもしれませんので

良かったらのぞいて見てください(^^)/

 

名言・格言
「名言・格言」の記事一覧です。

 

coco+ zen
生活に『禅』の思考を取り入れよう。

 

Instagramの言葉
「Instagramの言葉」の記事一覧です。

 

コメント

  1. […] ▼▼座右の銘って持っていますか?▼▼ >>>一生使える座右の銘の作り方 […]

  2. […] ▼▼座右の銘って持っていますか?▼▼ >>>一生使える座右の銘の作り方 […]

  3. […] ▼▼座右の銘って持っていますか?▼▼ >>>一生使える座右の銘の作り方 […]

  4. […] ▼▼座右の銘って持っていますか?▼▼ >>>一生使える座右の銘の作り方 […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました