分かり易い 禅語 慈眼 (じげん)

禅語 慈眼 (じげん)

どんな人でも必ず良い所はある。良い所が見つからないのであれば、それは自分自身の問題。まだ、慈しむ目で見れていない証拠。

この世界は、対になっている。

全員に嫌われる人が居なければ

全員に好かれる人も居ない。

それは、あなたはどちらかの目で相手を見ている。

もし、良い所が見つからないのであれば、単純に嫌っているのであって、良い所が無いわけでは無い。

目線が問題なだけ。

慈しみの眼で相手を見てあげる事は、もちろん相手の為になるが、自分の為にもなる。

慈しみの眼で見る事が出来るようになれば、相手の見る目が変わり、あなたを見る目が変わってくる。そうやってあなたの周りで笑顔の連鎖が生まれれば、あなたを取り囲む環境も良いものなってくる。

まわりまわっていつかはあなたに帰ってくる。

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました