転職サイト おすすめ はどのサイト? 

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
shin
shin

今回は、僕が転職した時に使った転職サイトの簡単な感想を書いていこかと思います。

スポンサーリンク


転職サイトはどんなものがあるのか?

僕が今回使った転職サイトは下記の通りです。

  • エン転職
  • doda
  • リクナビNEXT
  • ビズリーチ
  • Indeed
  • ハローワーク

 

エン転職

転職なら【エン転職】| 日本最大級の転職サイト
転職なら【エン転職】。エンジャパン運営の転職サイト。大手・優良企業の求人や、未経験歓迎の求人が多数。社員・元社員のクチコミや、一次面接の内容がわかる面接対策レポートも提供。エン転職だけのサービスで、あなたの転職をサポートします。

「転職ならエン転職」でお馴染みのエン転職です。僕的にはこのサイトが一番使いやすいように感じました。このサイトは企業や転職エージェントからのスカウトメールなどがあります。何より応募しやすく感じたのが、転職希望者が企業の事を気に入ってますよとボタンを押すと、企業からも応募歓迎といった通知がくる事です。

正直な所、適当に押している企業さんも中にはあるかも知れませんが、それでも応募の壁を引き下げてくれる仕組みではないかと思います。

また、希望の職種や業界を登録していると来る、おすすめの会社も他のサイトに比べてそれなりに的確だったように感じます。

doda

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト
転職なら、【doda(デューダ)】。「大手・優良企&#...

求人数約10万件のdodaですが、登録して使ってみると転職エージェントからの連絡が頻繁で多少引きました。他のサイトは転職エージェントからの連絡はあってもメールやアプリ内のメッセージ機能を使ってぐらいでしたが、dodaは基本電話しか無く、まともに使う前に機能と停止したぐらいです。

なので、しっかり転職エージェントさんと話をして決めていきたいという方にはピッタリなサイトとは思いますが、まずは閲覧だけと思っている方には注意が必要になってくるかもしれません。

あと、余談かも知れませんが、dodaからのおすすめ企業としてくる通知も多く、何回も断っているのにそれでも来る会社も多かったので、プログラムで簡単にやっているのではないかと思います。

リクナビNEXT

転職ならリクナビNEXT|希望の転職先が見つかる転職サイト
リクルートが運営する転職・求人情報サイトで、あなたに合った求人を見つけよう!【リクナビNEXT】は、転職・求人情報はもちろん、スカウト機能や転職のノウハウなどお役立ちコンテンツで、あなたの転職活動をサポートする転職・求人情報サイトです。

このサイトは、リクルートさんの転職サイトです。主に30代から40代をメインに作られています。求人内容は、上記に書いたエン転職やdodaなどと似たり寄ったりな感じなので、沢山のサイトに登録しなくても良いのではないかと思います。

そんな僕も、始めに求人内容を閲覧だけして登録はしてないです。

ビズリーチ

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】
ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のハイクラス転職サイトです。

転職で年収をupするのならビズリーチ!といった感じのCMを流していますが、使った印象としては、僕の所にスカウトが来たのはスカウトエージェントさんからばかりで、企業から直接では無かったです。

資格やスキル、学歴などが良く、現在の会社もそれなりであれば、多いのかも知れませんが無い場合は、使い難いサイトになってしまうような感じです。

Indeed

Just a moment...

このサイトは斎藤工さんと泉里香さんのCMでお馴染みのさいとですが、特徴としては色んなサイトに載っている求人を何かしらのプログラムを使って変換して載せているといった感じです。なので、たまに変換ミスがあったりしたページもありました。

使った感想としては、色んなサイトから寄せ集められているので探しやすいのですが、応募が色んなパターンがあって分かり難い印象です。

ハローワーク

ハローワークインターネットサービス - トップページ

就職=ハローワークという事が思い浮かぶかもしれませんが、僕が感じた印象だと全体的に給料面が低いと感じました。下記の引用文にもあるように、最後のセーフティネットといったイメージですね。なので、失業保険の手続き上必要でとか、数十社落ちてしまったとかで無ければ、一旦は見なくても良いのではないかと思います。

ハローワーク(公共職業安定所)は、民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担う、国(厚生労働省)の機関です。
引用 厚生労働省HP

 

まとめ

転職は人生にかかわる事、慎重にかつ大胆に行動できるように自分が納得できるように情報収集には時間をしっかりかけていきましょう。

下記は、僕が転職した時に行った行動やした方が良かったと思える事をリストにまとめてみましたので良かったらご覧ください(^^)

「 転職しよう !」そう思ったら何からすれば良いのか? 転職準備リスト
社会に出て仕事をしていると「転職したい。」そう思った事がある人は多いのではないでしょうか。 でも、転職する際にはどんな準備が必要なのかは意外とわからないものです。 ピヨ吉 なにからすれば、、、 ...

 

 

Amazonで見てみる

楽天市場で見てみる

Kindleで見てみる

Audibleで耳で聞く

漫画で読んでみる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました