分かり易い 禅語 壺中日月長 (こちゅうにちげつながし)

禅語 壺中日月長 (こちゅうにちげつながし)

自分だけの時間、自分の好きな時間を作れば、忙しい毎日が豊かに彩り始める。

桃源郷

中国の後漢書には、こんな話があります。

ひとりの老人が住んでいました。その老人は、夕方になると小さな古びた壺のの中に入っていたそうです。ある時役人に入る所を見られてしまいました。役人が「私も連れて行って欲しい。」と頼み込んで来たので、渋々一緒に壺の中に入りました。役人はその壺の中に見たものは、まさに理想の様な奇麗な景色に美味しい食べ物、優雅な踊りなど様々な事で楽しませてもらいました。現実の世界に戻ると数日居たつもりが、数年経過していたそうです。

この様な話は他にもあります。日本では浦島太郎がこれに当てはまるのではないでしょうか。

人は無意識にでも桃源郷を求め彷徨っているのかもしれない。

でも、今いる場所や環境は考え方次第では桃源郷に変える事が出来るのではないでしょうか。事象には、自分自身にどう映るかで感じ方が変わります。

豊かさを求めるのではなく、「今ある豊かさ」を感じてみてはどうでしょうか。

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました