子どもに伝えたい言葉

この記事はInstagram(Instagram@言葉の世界)にてUPしている製作物です。何か感じる物があれば幸いです 検索からお越しの方は、良ければInstagramの方にもお越しください。

アカウントはこちら→→→(Instagram@言葉の世界)


 

1、子どもに伝えたい言葉 『どんな場所でも花は咲ける。』

どんな場所でも花は咲ける。

言い訳は誰でも出来る。

でも、

考え抜ける人は限られる。

2、子どもに伝えたい言葉 『通過点』

夢は終わりじゃない。

ただの通過点。

3、子どもに伝えたい言葉 『足りないピース』

足りないピース

今の自分なんか

いつも頼りないものだ。

未来が過去になった時に

自分の成長した姿が見えてくる。

4、子どもに伝えたい言葉 『あるからこそ』

あるからこそ

晴れが続いても

雨が続いても

作物は育たない。

晴れも

雨も

必要なのだ。

それは、人間だって同じ

良い事にも

悪い事にも

あなたを成長させる

何かが隠れているはず。

5、子どもに伝えたい言葉 『成長する思考法』

成長する思考法

自分は出来る。

自分は無知だ。

この相反する考え方が

君を成長させてくれる。

要は、より良く生きるには

謙虚さと自信を

併せ持つ事が必要という事。

6、子どもに伝えたい言葉 『しなやかな心』

しなやかな心

気づかいが

恋や友情を

育ててくれるが

気を使いすぎると

偽りの自分が

相手をするようになる。

7、子どもに伝えたい言葉 『愛すべき人とは』

愛すべき人とは

感情はコインの様に

裏表の側面がある。

笑っていると人が集まって

怒っていると離れていく。

どうせ、

どちらかが出るのなら

笑っていたいな。

8、子どもに伝えたい言葉 『その先』

諦めるという事は、

失敗の先にある

成功も

諦めるという事。

9、子どもに伝えたい言葉 『もろい心』

「凄いよね」って

求める心は

もろい心だよ。

承認を求める事は

仕方ないかもしれない。

でも、

それにすがったら

ダメなんだよ。

10、子どもに伝えたい言葉 『オンリーワン』

この世界で

目立つのが好きな人も

目立つのが好きでない人も

表で活躍している人も

縁の下で支えている人も

今、成功している人も

今、苦労している人も

忘れないで欲しい。

 

誰もが

オンリーワンの

存在だということを。

11、子どもに伝えたい言葉 『大丈夫』

人生において

もし、選択に間違えたと思っても

選択しなかった方の

結果は知ることができない。

人は、

そんな見えない未来を

都合良く思えてしまうものだ。

大丈夫

君が選んだ道こそ

君が進むべき道だから。

12、子どもに伝えたい言葉 『言い訳』

良い訳を止めた時

成長がはじまる。

13、子どもに伝えたい言葉 『どんな時も自分との戦い』

「負けたくない」

という気持ちは

とても大事だ。

でも、その感情に

捉われ、操られるな。

例えば、スポーツ選手であれば

金メダルを取れる選手は

自分と戦っている。

自分の弱さに

「負けたくない」という

思いで試合をしている。

反対に負けてしまう選手は

相手に対して

「負けたくない」という

思いで試合をしている。

要は、

一番の敵は

心に潜む弱い部分なのだ。

14、子どもに伝えたい言葉 「夢の想い」

始めは誰から見ても

馬鹿げた想いも

時が経てば

スタンダードになる。

そうやって

革新が繰り返される。

鉄の塊が空を飛び、地面を走り。

瞬間的に地球の反対側の人に

「やあ。」と言える。

こんな世界が来るって

大昔に誰が想像しただろう。

どんな馬鹿げた夢だって絶対に叶わないって事は無いと思う。

だから、どんな夢だって良いんだよ。

15、子どもに伝えたい言葉 『逆風』

逆風にさらされる時も

あると思う。

でも、

君の想いは忘れるな。

周りには、

「飛び出した奴をどう叩き落とすか。」

そんな事を考えている人がいるだろう。

そんな奴は、ほっといて

君は、

何をしたいのか。

何が目的なのか。

忘れずに前に進んで欲しい。

想いがあれば、逆風がきてもはねのけれるから。

16、子どもに伝えたい言葉 『その涙』

その悔し涙は

いつか嬉し涙になる。

17、子どもに伝えたい言葉 『無知』

無知は、怖いものでは無い。

だが、自身の無知を知らなければ、

それは恐怖だ。

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました