スポンサーリンク

マウンティング を 考察 してみた。

スポンサーリンク

こんにちは(^^)/ Shinです。

今日は、最近よく耳にする「マウンティング」を考えてみようと思います。

スポンサーリンク

マウンティングとは

「マウンティング」とは、どのような行動なのでしょうか?

Wikipedia様では、このように記述されています。

  • 動物が自己の優位性を示すため、相手に馬乗りになること。
  • 人間同士の見栄の張り合いによる格付けの例え。

ウィキペディアの執筆者. “マウント”. ウィキペディア日本語版.

主に、自身の力を誇示するため行う行動です。

どんな人がマウンティングするのか?

では、どんな人がマウンティングするのでしょうか?

考察すると、下記に当てはまる人が多く行う様に思います。

  • プライドの使い方を間違えている人
  • 劣等感を持っている人
  • 人間関係を上や下の目線でしか見れない様になった人

理由1

自身を過信している人は、自分の思い通りに進めようとする際に、マウンティング行為に出る場合があります。

例えば、

ママ友の中で優劣をつけるのも、それに当てはまりますよね。

美しいさ、オシャレ度、持ち物のブランド、人気があるか?

他には、夫の職業が良し悪し、年収の高さなどを

勝手順位付けをして自分より上、下を決め下と思った人に対して

マウンティング行動をします。

 

理由2

自身に劣等感があり、それを打ち消し自分の立場を守るためにマウンティング行為をしてしまう事があります。

例えば、

学校等のいじめで、自宅で親に邪険に扱われている子が、加害者になるのは、他人を下に見る事で、自らの劣等感を打ち消し、尚且つ自分の居場所を確保する為に自分より弱い人を見つけていじめに至る。(全てが当てはまる訳ではありません)

マウンティングの対処方法は?

実際、多かれ少なかれ人はマウンティングをしていると思います。それに気がついているかは分かりませんが…

だからあまり気にしなくても良いのかなと思います。

ただ、激しくマウンティングをする人からは、離れた方がいいです。結局その方は人を上下にしか見れず、また自身の足りない部分を受けとめる事を避けている状態ですから何を伝えても無駄だと思います。よほど大事な人でない限り離れる事が賢明です。

もし、自分がマウンティングをしてしまったら。

この、部分の記事を見ているという事は、貴方は自分自身の事をわかっていると思います。

後は、日頃の行動を直していく事だけなので特に問題ありません。

人は、自分の欠点が嫌いなのであまり向き合おうとはしません。でも、そこに成長の要素が詰まっていますのでそこに気がつけている貴方は、第一関門は突破しているのと同じです。

マウンティングをやめる方法は?

『自信と謙虚』がキーワードですね。

自信

自信をつけるには、成功体験を増やして行くのが一番の早道です。

成功と言ったって名が知られるほどの大成功でなくても、小さな成功から始めればOKです!

例えば、

良くスマホを触っている人であれば、スマホを10分持たないとか、苦手な料理をしてみる等、他人から見ればどうだって良い事でも、それで成功体験が積めるなら問題ないです。

今の自分

 ↓ 

成功体験

 ↓

少しだけ自信がつく 

 

成功体験

 ↓ 

未来の自分

 

このように自信を蓄える事で、自然と人の見方や立場など気にならなくなっていきます。

謙虚

マウンティングする理由に、過信があります。

過信は、自分の能力を信じすぎて(出来ないを隠すためにも使われる場合があります。)実際の能力より高い所に自分の評価を置いている事で起きます。

だからこそ、謙虚に生きる。という事が必要なのです。

 

最後に

マウンティングする理由

  • 無駄なプライドの高さ。
  • 劣等感。

マウンティングを止める方法

  • 「自信」を持つ。
  • 成功を積み重ねる。
  • 変わろうとする覚悟。
  • 謙虚に歩む。

 

ここまで見て頂きましてありがとうございました。

 

↓↓↓下記は関連記事になります。良かったら見てください。(゚Д゚)ノ↓↓↓

 

 

 

 

 

上から目線の理由はこれだ!「社会的比較」

 

 

 

 

『上から目線の奴』の対処法

 プライドの使い方

 

 


☆  follow me ☆彡

☆Twitter☆彡

☆Instagram☆彡

☆Instagram@言葉の世界☆彡

☆note☆彡

☆PIXTAクリエイターページ☆彡
写真素材 PIXTA

☆アルファポリス☆彡

☆YouTube☆彡

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました