一流の気くばり力 レビュー 要約

この記事は約3分で読めます。

できる人は必ず持っている。 「気くばり力」

今回の本は、安田正さん著書「できる人は必ず持っている。一流の気くばり力」という本になります。

この本は、「自分は普通に人と接しているのに、なぜかいつの間にか自分の周りから人が去っていく。」という方にもってこいの本です。また、仕事で結果を出したい人はもってこいだと思います。

安田正さんををもっと詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ → Wikipedia

五つのアンテナ

この本は、下記の五つの項目からなり、単純にこの五つが出来れば、あなたも「一流の気配り上手」という事です。まぁそんなに旨くはいかないんですけどね。。。

●俯瞰する。

●共感する。

●論理を通す。

●サービス精神を持つ。

●尊重する。

ここで重要なのが、全く気を配れない人はいないという事です。

この五つの項目の中で、苦手な項目があったり、苦手では無いけど、どれもずば抜けてもないとか、とりあえず全くできないという訳ではないんです。

だからこそ、この本を読んで、研ぎ澄ましていきましょう(*´▽`*)

要約ポイント

今回は、全部の解説は難しいので、部分的にしていきたいと思います。

例えば、二項目目の「共感する」だと分かり易いと思います。

取引会社や友達の家などに伺った時に外気温が暑かったり、寒かったりして中々汗が止まらなかったり、震えが止まらなかったりした事は無いですか?

この時に、「外は暑かったでしょう。エアコンの温度下げましょうか?」と聞かれたらどうでしょうか?

「お願いします。」とも言いやすいでしょうし

気を使ってくれた事が嬉しく思いませんか?

また、話している時のリアクションはいつもの3割増しのリアクションを心掛けた方が良いとの事。

その理由は、相手が”自分の話に興味を持って貰えている。”という風に感じるからです。

要は、オーバーリアクションをする事で、『相手に話しやすい場をプレゼント』しているという事です。

こういった、ちょっとした気遣いが、人間関係の潤滑油になり、商談が上手くいったり、危ない所を助けて貰ったりされる様になるのです。

 

まとめ

要は、この本の言いたい事は『常に気を抜かず、常に相手の事を考えましょう。』といった感じの本です。

なんだぁ、当たり前の事じゃん!って思った方もいると思いますが、意外と当たり前の事の方が出来ていない事が多いと思いますよ。

ぜひこの機会に「気くばり力」の考え方に触れてみてはどうでしょうか。

できる人は必ず持っている一流の気くばり力???評価も、人望も、お金も引き寄せる (三笠書房 電子書籍)

新品価格
¥1,540から
(2021/1/17 13:42時点)

 

 

▼▼下記の記事も良かったら見てね(*´ω`*)▼▼

「自分の夢って何だろう?」

「自分はどこに向かいたいんだろう?」

「自分の価値って何だろう?」

なんて思っていませんか? 僕もそんな事を思っている時期に この記事のやり方で「自分」を導きだしました。 あなたの生きるヒントが落ちてくるかも知れませんよ。 是非、この記事をご覧ください。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました